bitter_001
bitter_001 bitter_001

マンデリンG1


焙煎度合 ( C )
挽き方
まとめ買い割引
同じ焙煎度合のみ割引対象
  • 3~3個で1個あたり¥882(税込)
  • 4~4個で1個あたり¥833(税込)
  • 5個以上で1個あたり¥784(税込)
在庫状態 : 在庫有り
¥980(税込)
数量

※980円/1個・200g(生豆軽量時)

まとめ買いならこんなにお得!

3個 294円OFF! 4個 588円OFF! 5個 980円OFF!

ギフトラッピングをご希望のお客様へ

プレゼントやご贈答用にギフトラッピングをご希望のお客様は、 コチラより ラッピングのタイプをお選びいただき、別途ご注文をお願い致します。


何といってもダントツ人気のビター豆


焙煎職人コメント

“酸味のない豆が欲しいんです”

このようにお問い合わせいただくことが多いビーンズの店頭で、まずご紹介するのが、インドネシアのマンデリンG1です。

おすすめの焙煎度合はシティローストで、この焙煎度合にすると、酸味が少なく、深煎りならではのコク、マンデリンにしか表現できない野生的な味わいが楽しめます。

そのように説明すると、

“え、、、野性的?
野性的ってどんな感じですか?”

大抵こう質問が返されます。

そう、マンデリンの野性的な味わいとは、飲んだ瞬間は苦みが感じられるのですが、焼き芋の端っこの少し焦げた部分の香りや、発酵した香り良いお醤油のような香り、そして、まるでバターや牛乳を飲んだ後のミルキーなコクが舌に残ります。

この味わいが驚異のリピート率に繋がっているのです。

この味わいを作り出すマンデリン最大の特長は、何と言ってもインドネシア独自の精製方法=スマトラ式精製にあります!



通常、コーヒーの実を収穫したその日のうちに果肉の除去を行い、乾燥させてから生豆に脱穀するのが一般的ですが、スマトラ式は半乾きのまま脱穀し、生豆に剝いた状態で乾燥させる、独自の精製方法を採用しています。

インドネシアは年間降水量が多く、乾燥作業が大変難しい高温多湿なため、スマトラ式という精製方式に辿り着いたのです。

その独特の気候により、マンデリンは独特の精製方法が生み出され青緑色へと精製されます。



生豆の水分値が高く、焙煎の加熱に対して強いため、深煎り焙煎でも、豆本来の味わいが楽しめます。

最近では、海外でも人気が高まり、今後世界中で価格高騰していくであろう人気豆です。
雨の多さが弱点ということを逆手にとり、味わいに差別化を図りコーヒー豆の生産量上位国へのし上がったマンデリンの底力をとくと味わいください。

酸味が苦手な方はシティローストがおすすめです。
より強い苦みが好きな方は、フルシティロースト、フレンチローストも甘さとコクが引き立ちおすすめです。


そして、最後にこれだけはお伝えしたい!という事を2つお話しますね。

まず1つ目は、農園事情について。
マンデリンG1は、スマトラ島・トバ高原1900mの栄養豊富な火山灰土壌の高原地帯で栽培されています。害虫が少なく農薬を使用する必要性が少ないのもメリットです。オーガニック認定こそされていませんが、実質、有機無農薬栽培している農園が多いのもマンデリンの特長と言えます。

収穫後には、機械作業の多いこのご時世に逆行するかのごとく、手作業で欠点豆の除去を行うなど、人の手によって手間をかけて厳正な品質管理を行っています。

そして2つ目は、私たち焙煎職人の事。
マンデリンは我々、焙煎職人が研修時代に一番初めに焙煎をする基本中の基本の豆です。マンデリンの焙煎が一人前に出来るまでは他の豆の焙煎は出来ません。 何度も失敗を繰り返し、焙煎の感覚を養います。だからこそ、マンデリンには思い出が多く、初心を思い出すのです。 マンデリンは初心を忘れないためのコーヒーでもあります。

そんなお伝えしたかった内容も含めてマンデリンG1に興味を持っていただけたら嬉しいです!

コーヒーデータ

生産国 インドネシア
標高 1,900m
精製方法 スマトラ式

おまかせ焙煎の味のチャート表

  • 苦味
  • 酸味
  • 甘味
  • コク

焙煎度合

挽き方について

»焙煎度合い・挽き方を詳しくお知りになりたい方はコチラ

必ずお読み下さい

ご注文後に生豆計量し、焙煎致します。
焙煎度合いにより水分が蒸発し、1割前後重量が軽くなりますので、予めご了承下さい。