fruity_021
fruity_021 fruity_021 fruity_021 fruity_021 fruity_021 fruity_021 fruity_021

エデン・タンザニアAA


焙煎度合 ( M )
挽き方
まとめ買い割引
  • 3~3個で1個あたり¥882(税込)
  • 4~4個で1個あたり¥833(税込)
  • 5個以上で1個あたり¥784(税込)
在庫状態 : 在庫有り
¥980(税込)
数量

※1080円/1個・200g(生豆軽量時)

まとめ買いならこんなにお得!
3個 294円OFF! 4個 588円OFF! 5個 980円OFF!

ギフトラッピングをご希望のお客様へ

プレゼントやご贈答用にギフトラッピングをご希望のお客様は、 コチラより ラッピングのタイプをお選びいただき、別途ご注文をお願い致します。


昔ながらの香りとコクの強いタンザニアの味を実現!

原産国:タンザニア

ビーンズ初入荷!

実はここ数十年で、タンザニアの豆、すなわちキリマンジャロAAの味が変化してきていると感じます。
まずキリマンジャロ特有の酸味やコクが弱くなっていること、
そして、焙煎中に漂ってくる甘いバニラのような香りが薄くなってきていること。



その背景には生産地のタンザニアにおいて キリマンジャロ山が気候変動により美しい自然が失われてきていることも関係していると言われています。

そんなキリマンジャロコーヒーの課題を解決できるようなコーヒーはないだろうか、と探していたところ、出てきました!
それが、エデン・タンザニアAAです。


数十年キリマンジャロを飲んでくださっている方にとっては、
「昔のキリマンってこんな味だった!」と懐かしんで飲んでいただけると思います。
特有のスッキリとした酸味、酸味の中にコク、甘さが広がります。

キリマンジャロを飲みなれていない方にとっても
野性味溢れる個性的な味わいを楽しんでいただけると思います。


実はキリマンジャロは焙煎人泣かせの豆。
豆が硬い分、焙煎の見極めは難しいのです。
ほんの少し焙煎しすぎると、その芳醇な香りがなくなってしまうし、
ほんの少し焙煎が浅いと強烈な酸味が際立ってしまう。
絶対的なポイントで焙煎しなければ
キリマンジャロの個性は引き出せないという“じゃじゃ馬”な豆です。

修行中は、何度も何度も焙煎を失敗した思い入れの深い豆です。
そんな難しい豆だからこそ、焙煎が面白いんですけどね。
是非、お試しいただきたい逸品です。


特有のスッキリとした酸味、酸味の中にコク、甘さを感じたい方へのおすすめの焙煎度合はミディアムローストですが、酸味が得意でない方、少し深煎りで飲みたい方はハイロースト、シティローストも美味しく飲んでいただけます。


そして、実はアイスコーヒーにしても美味しいからビックリします。 その場合は、フレンチロースト、アイスローストがおすすめです。





1.品質のこだわり

タンザニアの規格はスクリーンサイズとカップに限定されており、
必ずしもキリマンジャロの特徴である酸味が比例されるわけではありません。
また、気温・湿度の高い劣悪な保管環境にあるため、豆の劣化が早いことが課題です。
さらに、小農家ごとにウェット精選が行われるため、品質のばらつきが起きやすいのです。

そこで、最大の特徴である酸味を重視し、SCAA基準で酸味のスコアが8.5点以上の豆だけに限定。
さらに、品質を均一にするため、適切なトレーニングを受けた小農家グループまたは農園・農協の豆に限定しました。

スペシャルティとまではいきませんが、確かな酸味とコク、香りを持ったキリマンジャロです。



2.キリマンジャロの森を救う仕組み

タンザニアでは増え続ける人口とそれに伴う薪炭材需要の増大、
農地確保のための開墾、放牧地とするための火入れ、木材を得るための伐採等によって、
毎年40.3万ha(63.5km四方、東京都の面積の約2倍)の森林が失われています。

このまま減少が続けば、あと80数年ですべての森林を失ってしまうといわれています。
さらに、森林の減少は薪炭材の不足、水源の枯渇、土壌流出や作物の生産性低下を招き、 そこに暮らす人々の生活を圧迫している状況です。

その課題に取り組んでいるのがタンザニア・ポレポレクラブというNGOです。
設立以来20年にわたって、タンザニアのキリマンジャロ山麓において政府公認現地NGO “TEACA”(Tanzania Environmental Action Association)をカウンターパートとして、 地域住民による自主的な植林活動の支援に取り組んでいます。



これまで約90万本の苗木が育てられ、村人たちによって裸地化したキリマンジャロ山の斜面に植えられたほか、地域の村々に配布されています。
また、TEACAは2012年にキクウェテ大統領より「タンザニアの最優秀環境NGO」として表彰されました。

TEACAとポレポレクラブの活動内容に賛同し、エデン・キリマンジャロの販売量に応じて1kgあたり10円を寄付いたします。


エデン・キリマンジャロを使用した最終製品には「エデンの森」マークをつけることが可能です。



このマークは村人たちが3年かけて作っており、全員でアイディアを募り、投票をかけ、森と人々と動物が共存している様子が描かれています。
また、彼らは森の事を「楽園(エデン)の森」と呼んでおり、自然界だけでなく、人にとって、動物たちにとっても森が楽園でありますようにという願いが込められています。これが、「エデン・タンザニア」と名付けた由来です。


コーヒーの恵みの恩返しとして、キリマンジャロ山の自然を守りたい。
産地に貢献し続けることが、安定したキリマンジャロコーヒーの供給につながると信じております。



»焙煎度合い・挽き方を詳しくお知りになりたい方はコチラ

必ずお読み下さい

ご注文後に生豆計量し、焙煎致します。
焙煎度合いにより水分が蒸発し、1割前後重量が軽くなりますので、予めご了承下さい。