マンデリンG1・インドネシア

焙煎度合
挽き方
業務パック割引
  • 3~3袋で1袋あたり¥1,152(税込)
  • 4~4袋で1袋あたり¥1,088(税込)
  • 5袋以上で1袋あたり¥1,024(税込)
在庫状態 : 在庫有り
¥1,280(税込)
数量

【NEW】マンデリンG1・インドネシア

1袋あたり 生豆210gで焙煎
【焙煎後 約180 g】 L(ライト)、M(ミディアム)、H(ハイ)、C(シティ)
【焙煎後 約175 g 】 FC(フルシティ)、FR(フレンチ)、IT(イタリアン)

【ネコポス便350円/宅急便770円/8000円以上送料無料】

おすすめシティローストの味わい

重層な苦みと豊かな土の香り(アーシー香と表現されます)が特長です。
マンデリンはシティローストで飲みたいという方が多く、最も支持されているローストです。パンやスイーツなどと一緒に楽しむ場合は、より深煎りのフルシティローストもおすすめです。

栽培地について

マンデリンはインドネシアのスマトラ島で行われる伝統的な精製方法です。生豆は独特の深緑色。オーガニック認証こそ取得していませんが農薬に頼らず、昔ながらの有機農法が何世代も受け継がれているのがマンデリンの特長です。

インドネシアは一年の半分が雨季という亜熱帯性気候。収穫後のコーヒーチェリーの水分を乾燥させるまでに時間がかかるため、他国とは異なる精製工程を行います。(水分が含んだ半乾きの状態でチェリーを脱穀するなど)

清水姉
清水姉
雨季を逆手にとった精製方法のお陰で、独特の香味が世界中で愛されてるのです。

コーヒーデータ

生産国 インドネシア
農園 スマトラ島・小規模農家
標高 1,100m~1,500m
品種 ブルボン・ティピカ
精製方法 スマトラ

焙煎度合

挽き方について

»焙煎度合い・挽き方を詳しくお知りになりたい方はコチラ

重量表示

ご注文後に生豆(1袋あたり生豆210g)計量し、焙煎します。
焙煎度合いにより水分が蒸発し、1割前後重量が軽くなりますので、予めご了承下さい。

ギフトラッピング

ギフトラッピングをご希望のお客様は

コチラよりラッピング種類をお選びください