【コーヒー豆の保存方法】

だんだん暑くなってきて、コーヒー豆の保存ってどうしたら良いのぉ?という
お声をいただくことが増えましたので、今回はコーヒー豆の保存方法について。

 

その前に、前置きを少し。
ビーンズのコーヒー豆は香りと個性が引き立つよう焙煎をしています。
賞味期限は焙煎日より60日間としていますが、
香りを楽しんでいただける期限としては
焙煎後、豆は1ヶ月・粉は2~3週間で飲みきっていただくことをおすすめしてます。

 

その上で大切な保存方法をご紹介しますね。

 

まず覚えていただきたいのは、コーヒー豆は日光・高温・湿気を嫌います。
焙煎することにより豆に含まれている水分が無くなり空気中の水分を吸収しやすくなっています。
なので、保存する際は遮光性のある防湿リング付きの密閉容器に入れていただくことをおすすめしてます。

 

 

そして
コーヒー豆はワインと同じで、15℃前後で保存すると熟成し、味わいの変化を楽しんでいただけると言われています。

 

なので、ワインセラーを常備してください!!

 

 

とまぁ、ワインセラーがあれば話は別なのですが・・・
一般家庭にワインセラーが常備されているご家庭も少ないかと思いますので ^^;
こちらをご案内いたします。

 

密閉容器に入れていただいた上で、保存場所は「光が当たらない温度変化の少ない」「常温」が最適です。
常温というのは15℃前後のことです。

 

室温が20℃前後くらいだと、だいたい光の当たらない納戸のような場所は15℃前後くらいなのですが、
気温が30℃以上になる真夏は室温も涼しい場所でも20℃以上になってくるため
冷蔵庫の「野菜室」での保存をおすすめいたします。

 

 

よくある質問で、
「冷凍庫で保存しても良いですか?」

 

という質問を受けます。

 

答えとしては、条件を満たしていればOKなのですが、
満たしていなければNGです。

 

その条件とは、
★1回毎使う分だけを小分けにして保存することができる事。
 

★使う際に、常温に戻してから使う事。

 

この条件を満たしていれば、冷凍庫保存OKです。

200g入りの豆を買ったとして、1杯あたり15gでドリップするならば
密閉容器は約13個必要という事ですね~。 す す すごい量!

長続きするかな~。というのが本音ですよね(笑)
 

じゃぁ、まとめて保存すればいいじゃない!って思いました?

例えば買ってきた状態のまま、まとめて冷凍庫保存すると、
コーヒーを淹れる度に冷凍庫から出し入れをします。
その度に温度変化により霜がつき、急激に湿気を吸い込むため風味の劣化に直結します。
なので、条件が満たしていない場合はNGです。

 

皆様のご家庭の室温事情、冷蔵庫事情、飲む頻度、などなどあると思いますので、
是非、一番最適な方法を選んで夏場も美味しくコーヒーを飲んでくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です