【企業秘密だった、笑 ビーンズアイスコーヒーの飲み方のすすめ】

どうも!
こんにちは!!

 

ビーンズでは店内やテイクアウトで超美味し~いアイスコーヒーを提供してるのですが(手前味噌:笑)、お客様から

・どうやって作ってるの?
・どの豆使ってるの?

なーんて質問されることが多いんです。

 

そこで今まで企業秘密にしていたのですが、、、今日は一挙大公開!ビーンズのアイスコーヒーの美味しい飲み方をご紹介します!!

 
答えから話してしまうと、

 
アイスコーヒーに使う豆は、一般的に下の写真のような

アイスローストと言われる深煎り焙煎豆をドリップして冷却するのですが、

ビーンズでは、

深煎りアイスローストと中煎りミディアムローストのブレンド50:50でブレンドしてるんです!! ←ここがミソ!

 

この写真撮っている時に撮影したスタッフから「小指みじかっ」って言われたんですけど、
なんだか指載せるの恥ずかしくなっちゃって、、、笑  気にしないでくださいね。苦笑

 

結論から話してしまったのですが、、、この配合に行き着いたのには、訳があります。

 
実は、一昔前までは、アイスローストの豆だけを使用してアイスコーヒーをドリップしていたんです。
いわゆる、昔ながらの喫茶店さんで出しているような苦味が強調された濃い味のアイスコーヒーです。
喉を潤したいのに、逆に喉が乾いてしまうほどの濃い味です。

ミルクに合わせても負けなくてそれはそれで良しなのですが、
コーヒー業界がサードウェーブなどの豆本来の味わいを追求する流れになってきたことで、
ミディアムロースト、ハイローストなどアイスローストに比べると浅煎りの豆で
アイスコーヒーを提供する店舗さんが増えてきました。

 

そこまで深くない中煎りミディアムロースト豆は、豆の個性が引き立つ香りの洗練された味わいになります。
ですが、アイスコーヒーとして飲むには、苦みや氷を入れたときに負けてしまうといったパンチの弱さが弱点です。

アイスコーヒーなのに、、、酸味があって、薄い?なーんて感じられる方もいるようですね。

そこで、アイスローストの苦味やコク、濃さを残しつつも、
後味がサラッとしていて豆の個性や香りが引き立つようにビーンズのアイスコーヒーも
美味しく今の時流に合ったアイスコーヒーに進化させよう!という事になりまして、
何度も試作試飲を繰り返してこの配合に辿り着いたのです!

 

 
中煎りミディアムロースト豆の個性も生かしつつ、深煎りアイスロースト豆を入れる事により、苦みが増し、
氷を入れても負けない味わいが楽しめるんですね。
お互いの個性を引きたてながら成り立っているわけです、はい。
持ちつ持たれつな関係ですね。

 

この飲み方は美味しいですよ。

参考にされてみてください。

特におすすめの豆はこちら!

深煎りアイスロースト豆は【アイスブレンド】¥980です。アイスコーヒーでも水出しにしても美味しい配合のブレンドです。

中煎りミディアムロースト豆は【エルサルバドル】¥980です。

 

 

焙煎度合が対照的な物同士ですから、一見合わないんじゃないかと思われるかもしれませんがところがどっこい!絶妙なバランスなんです!

是非、企業秘密だったビーンズのアイスコーヒーをお試しください^^♪
 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です